イベントカレンダー
サイドメニュー
情報誌・その他ご案内

出産・育児

母子健康手帳

 妊娠したら、妊娠届出書に必要事項を記入し、市の窓口へ届け出をしてください。母子健康手帳が交付されます。母子健康手帳は、英語、ポルトガル語、スペイン語、中国語、タイ語、韓国語に翻訳されていますので、窓口へ問い合わせてください。
 妊産婦医療費助成制度の手続きも併せて行われ、受給資格者証が交付されます。

対象 妊娠した人、または出産した人
申請に必要なもの 妊娠届出書、健康保険証、預金通帳、印鑑
申請窓口 子ども家庭課、保健と福祉の総合相談窓口、各地域自治センター、平石・富屋・姿川地区市民センター
問い合わせ 宇都宮市 子ども家庭課
電 話 028-632-2388

妊産婦医療助成制度

 宇都宮市に在住している妊産婦が、健康保険が適用になる診療を受けたときの医療費(自己負担分)を宇都宮市が助成する制度です。入院および外来診療が助成対象です。

対象 妊産婦医療費受給者証の交付を受けている人
対象となる期間 母子健康手帳を交付された月の初日から、出産(流産)した月の翌々月の末日まで。
医療費助成の
申請方法
  1. 助成申請書に医療機関が発行する領収証を添付するか、医療機関で保険点数の証明を受ける。
  2. 助成申請書を市の窓口へ提出する。
  3. 助成金が振り込まれる。
問い合わせ 宇都宮市 子ども家庭課
電 話 028-632-2296

予防接種

 予防接種は、感染症にかかることを防いだり、かかったときの症状を軽減したり、病気がまん延することを防ぎます。
宇都宮市では、以下の予防接種を実施しています。市内に住民登録があり、該当する子どもは期間内に無料で接種を受けることができます。
 予防接種を受けるには、母子健康手帳が必要です。事前に、医療機関に電話をして、予防接種の種類や受付時間を確認してください。

<個別接種>
 以下の予防接種は、宇都宮市内の医療機関で受けることができます。

種類 期・回数 接種方法
3種混合(DPT)
 ジフテリア
 百日せき
 破傷風
1期初回(3回) 生後3か月から7歳6か月未満までに、3週間以上8週間未満の間隔をあけて、3回接種を受ける。
(標準的接種年齢は、生後3か月から12か月まで)
1期追加 生後3か月から7歳6か月未満までに、1期初回(3回)終了後、12か月以上の間隔をあけて接種を受ける。
(標準的接種年齢は、生後2歳から3歳まで)
2種混合(DT)
 ジフテリア
 破傷風
2期 11歳以上13歳未満。
麻しん風しん混合
 麻しん
 風しん
1期 生後12か月から24か月未満。
2期 小学校に入学する前の年度の4月1日から3月31日まで。
3期 中学1年生に相当する年度の4月1日から3月31日まで。
4期 高校3年生に相当する年度の4月1日から3月31日まで。
日本脳炎 1期初回(2回) 生後6か月から7歳6か月未満に、1週間以上4週間未満の間隔をあけて、2回接種を受ける。
(標準的接種年齢は、3歳)
1期追加 生後6か月から7歳6か月未満に、1期初回(2回)終了後、12か月以上の間隔をあけて接種を受ける。
(標準的接種年齢は、4歳)
2期 9歳以上13歳未満。
(標準的接種年齢は、9歳)
BCG 生後3か月から6か月未満。

 以下の予防接種は、宇都宮市にある指定医療機関で受けることができます。

種類 回数 接種方法
子宮頚がん 3回 中学1年生相当から高校1年生相当までの女子が、初回の接種から1か月後に2回目、6か月後に3回目を接種する。
ヒブ 4回 生後2か月から7か月未満に、4週から8週の間隔で3回接種し、3回目の接種から約1年の間隔で1回接種を受ける。
3回 生後7か月から12か月未満に、4週から8週の間隔で2回接種し、2回目の接種から約1年の間隔で1回接種を受ける。
1回 1歳から4歳。
小児用肺炎球菌 4回 生後2か月から7か月未満に、3回目の接種が12か月未満までに完了するように、27日以上の間隔で3回接種し、3回目の接種後60日以上の間隔で1回接種を受ける。
3回 生後7か月から12か月未満に、27日以上の間隔で2回、12か月に達したら2回目の接種後60日以上の間隔で1回接種を受ける。
2回 1歳から2歳未満に、60日以上の間隔で2回接種を受ける。
1回 2歳から4歳。

<集団接種>
 以下の予防接種は、夜間休日救急診療所、宇都宮市・上河内・河内保健センター、各地区市民センターで受けることができます。

種類 回数 接種方法
ポリオ 2回 生後3か月から7歳6か月未満に、6週間以上の間隔をあけて、2回接種を受ける。
問い合わせ 宇都宮市 保健予防課
電 話 028-626-1114

こども医療費助成制度

 宇都宮市に在住している小学6年生までの子どもが、病気やけがで健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費(自己負担分)を宇都宮市が助成する制度です。
 医療機関等で受診するときに、こども医療費受給者証と健康保険証を提示すると、窓口での支払いが必要ありません。入院および外来診療が助成対象です。
 この制度を利用するには、医療費受給資格者証が必要になりますので、市の窓口で申請をしてください。

申請に必要なもの 子どもの名前が載っている健康保険証、印鑑、預金通帳
申請窓口 子ども家庭課、保健と福祉の総合相談窓口、各地域自治センター、平石・富屋・姿川地区市民センター
窓口で医療費を支払った場合
  1. 助成申請書に医療機関が発行する領収証を添付するか、医療機関で保険点数の証明を受ける。
  2. 助成申請書を市の窓口へ提出する。
  3. 助成金が振り込まれる。
問い合わせ 宇都宮市 子ども家庭課
電 話 028-632-2296

ひとり親家庭医療費助成制度

 母子または父子家庭などの親と子を対象に、子どもが18歳に達した年度末まで、健康保険が適用になる診療を受けた場合の医療費(自己負担分)を宇都宮市が助成する制度です。所得制限があります。

対象 母子または父子家庭などの親と子(子どもが18歳になる年の年度末まで)
受給資格の申請に必要なもの 健康保険証、預金通帳、印鑑
受給資格の申請窓口 子ども家庭課、各地域自治センター
医療費助成の申請窓口 子ども家庭課、保健と福祉の総合相談窓口、各地域自治センター、各地区市民センター、各出張所
問い合わせ 宇都宮市 子ども家庭課
電 話 028-632-2296