イベントカレンダー
サイドメニュー
情報誌・その他ご案内

緊急

火事・救急

 火事で消防車を呼ぶ場合や、急病などで救急車を呼ぶときは、119をダイヤルします。通報は24時間無料で受け付けています。

 消防では、火事と救急の両方を扱っているので、通報するときは次の順番で伝えます。

  1. 「火事です」または「救急です」
  2. 発生した場所と近くの目標
  3. 自分の住所と名前

 ※ 救急車は無料ですが、重症などの緊急事態の人が利用する車両ですから、軽いけがや病気の人はマイカーやタクシーを利用しましょう。

事故

 交通事故にあったときは、次のことをします。

  1. けが人がいたら応急措置をします。
  2. 110をダイヤルして、警察を呼びます。
  3. 相手の車のナンバー、運転免許証の番号、名前、住所、電話番号、年齢などを聞きます。

 交通事故でけがをしたときは、軽くても必ず医師にみてもらいましょう。

災害

 日本は地震が多く発生する地域です。災害が起こってもあわてないように、日ごろから準備してください。
 万が一のときに備えて、非常持出品を準備しましょう。
 例:水、衣料品、ラジオ、非常食、マッチ、ろうそく、毛布、タオル、救急薬品、外国人登録証やパスポートのコピーなど

 避難するときは、次のことに注意してください。

  1. 持ち物を最小限にして、歩いて避難する。
  2. 山崩れや、がけ崩れに注意する。
  3. テレビ、ラジオ、市や消防署などからの正しい情報に注意する。
  4. まわりの人と協力して、応急救護をする。

 大きな地震や火災が発生した場合、避難場所となっている近くの学校や公園などに避難してください。避難場所は、どこでも利用できます。災害に備えて、避難しやすい場所を確認しておきましょう。

犯罪

 犯罪が起きて警察に連絡するときは、110をダイヤルします。通報は24時間無料で受け付けます。

 通報は、次の順番で伝えます。

  1. 発生した内容 「どろぼうです!」など
  2. 発生した時間と場所
  3. けが人がいる場合は、その人の状況(警察が救急車を呼んでくれます)
  4. 自分の住所と名前

 公衆電話から通報する場合、緑色の電話は緊急のボタンを押してダイヤルし、灰色の電話はそのまま受話器をあげてダイヤルします。